水素水はインチキ、という誤解を解消したい

水素水はインチキ、という評判が多く、水素水がうれにくくなっている面があります。

しかし、水素水は実際に作り立てを飲むとすごい効果があることを身を持って体感した私としては、そのような誤った評判をそのままにしておくことは出来ません。

そこで、このサイトでは、水素水にどんな効果があるかについて科学的な面から説明していきます。

水素水の効果については、論文や特許で様々な効果が証明されています。

インチキ、と言っているのは、ペットボトルなどの場合には、水素水から水素が抜けてしまうので、飲むころには水素が抜けてしまっている、という問題です。

ですから、容器をきちんとしたものを使い、水素の混入方法をきちんとやれば、水素水は本来の効果を発揮することができます。

水素が漏れない容器としては、アルミパウチに特殊なコーティングをしたり、アルミ缶、スチール缶などの内部に特殊コーティングをすれば水素が漏れにくくなります。

ですから、水素水を購入する場合は、そのような特殊な包装になっているかを確認するのがよいです。普通のペットボトルでは簡単に水素は抜けてしまいますから、注意が必要です。

一番いいのは、水素水を製造しているところに行って、作りたてを飲むことですが、毎日工場に行くわけにも行きません。

そういう意味では、自分の家に水素水製造装置を持つのがよいです。

それ以外の方法としては、きちんと包装された水素水を購入して1ヶ月以内に飲みきる、水素のタブレットを購入する、などが考えられます。

このブログでは、お勧めの水素水や、水素タブレットについても紹介していくつもりです。

少しでも多くの人が水素水について正しい認識を持ち、水素が有効な人にきちんと届くようになることを願ってやみません。

炎症の軽減や糖尿病の改善に水素水が効いた、というデータもあります。

水素水の効果はあまりにも多岐にわたり、何にでも効くために、あやしい、仕組みがわからない、等と科学者からも疑問が出される場合もあります。

しかし、水素は活性酸素やヒドロキシラジカルを消去できるので、当然に炎症等に効くわけです。

さらに、ほとんどあらゆる疾患にいい効果があると考えて良いと思います。水素により還元することで、酸化が抑制されるわけで、酸化により体が酸性に傾き、様々な問題を起こすわけですから、それをアルカリ性に戻せれば、体調もよくなると期待できます。

水素が効くメカニズムについてもできるだけわかりやすく書いていくつもりです。

よろしくお願いします。